マイスリーに頼ってしまうまえに音楽の力を借りてみよう

眠りたいのになかなか寝付けなかったり、夜中に何度も目が覚めてしまったり、昼間にひどい眠気に襲われたりする睡眠障害はつらいものです。

何とか夜にぐっすりと眠って、昼間はシャキッとした状態で過ごせるようになりたいと願っている方が多いのではないでしょうか。

そんな方がマイスリーに頼ってしまうまえに試してみると良いことの1つとして、音楽の力を借りてみることが挙げられます。

夜眠る際に音楽をかけておくことで、無音状態で布団に入るよりも寝付きやすくなったと感じる方が少なくないからです。

このような変化を実感する方が多いのはなぜかというと、音楽が心身をリラックスした状態に導く手助けをしてくれるからではないかと言われています。

質の高い眠りを実現するためには、交感神経が優位になっている状態ではなく、副交感神経が優位な状態になっている必要があります。

音楽を聴いてリラックスすると、副交感神経が優位な状態に自然となるのです。

ただし、音楽を流しさえすれば必ず睡眠障害のつらさを和らげるのに役立つ訳ではありません。
流す音楽の種類やボリュームなどに気をつける必要があります。

当たり前のことですが、激しい音楽を聴いていると気分が高揚して交感神経が優位になってしまうので、就寝前に聴く音楽としては向きません。

ゆったりとしたテンポの穏やかな音楽を選ぶようにしましょう。
川のせせらぎや雨音、鳥のさえずりなどが入ったヒーリング音楽がおすすめです。

人の歌声が入っている音楽は、避けたほうが無難でしょう。

歌声が入っていると、つい歌詞を聞き取ろうと集中してしまったり、歌詞の内容について考えてしまったりして、上手くリラックスしにくいからです。

それでも人の声を聞いていたいという場合には、歌詞の分からない外国語の音楽を選ぶと、声を意味のある言葉ではなく音として聞けるので試してみてください。

ボリュームは、眠りの妨げにならないように控えめにしておきましょう。
ちなみに、音楽はあくまで眠りに入る助けをしてくれるものであって一晩中聴き続けている必要はありません。

ですから、一定時間後に音楽がストップするようにタイマーをかけておくといいでしょう。