マイスリーへの依存を改善して安眠が期待できる食べ物

 
睡眠障害やマイスリーへの依存に悩んでいる方におすすめしたいのが、睡眠に効く食べ物を摂り入れることです。

食生活と睡眠は大きな関係があると言われていますが、夕飯に食べたものにより、なかなか寝付けなくなってしまったり、寝られたと思っても夜中に目が覚めてしまうこともあります。

こんなトラブルを避けるためにも睡眠に効く食べ物を知っておきましょう。

食事の内容を少し意識して改善することで、安眠できたり目覚めが良くなることもあります。
食生活で気をつけなければいけないのは、消化の良い食べ物を食べるということです。

揚げ物などの消化の悪い食べ物を大量に食べてしまうと睡眠障害に繋がってしまうこともあります。
天ぷらやとんかつなどの揚げ物は消化が悪く、胃の中に停滞してしまう時間が他の食べ物と比べても長いのが特徴です。

また、ステーキなどの肉類もたんぱく質や脂質が多いことから、きちんと消化されるまでに時間がかかってしまうでしょう。

そこで、夜に食べたい食べ物が野菜や果物です。

野菜や果物は、胃の中の停滞時間が1時間から2時間ほどとなっています。
そのため、睡眠を妨げることがありません。

また、食べるものだけでなく夕飯を食べる時間も意識してみてください。
就寝時間の2時間前までに食べ終わっておくことが大切です。

食事をした直後に安眠効果を得ようと思っても効果を期待することはできません。

胃の中に食べたものが停滞してしまっていると寝ることができたとしても目が覚めてしまう結果になり、睡眠障害の症状を悪化させてしまうのです。

より高い安眠効果を期待したいのであれば、温かい食べ物や飲み物を摂り入れることをおすすめします。
温かい食べ物や飲み物を夕飯時に摂り入れることで体温を上げる作用をアップすることにも繋がるでしょう。

また、トリプトファンという栄養素を進んで摂り入れることで、安眠や快眠に繋がるので試してみてください。
参考までにトリプトファンが多く含まれる食べ物は、魚や米などです。